上新庄暮らしニュース 2018.05.27 UpDate

SUNDAY MAY 2018

東淀川区の「菅原」って菅原道真公が由来なのです!

菅原天満宮

東淀川区の歴史スポットをご紹介いたします。

東淀川区菅原エリアにある「菅原天満宮」。コーナンのすぐ横にある由緒ある神社です。
この菅原天満宮は菅原道真公をまつった神社です。

菅原道真公とは!!

麿

菅原道真公は平安時代の貴族の方で、宇多天皇に重用され寛平の治を支えた一人です。現在は学問の神として有名です。

阪急「淡路駅」でお馴染みの「淡路」ですが、菅原道真公が大宰府へ左遷され淀川を下っていた時、当時は中洲だった淡路の土地を見て兵庫県の淡路島と勘違いし「淡路」という地名がついたとかなんとかです!
東淀川区の「菅原」エリアの地名も菅原道真公が由来と言われています!

菅原道真公は左遷後、現地で亡くなったのですが死後天変地異が多発したことから、朝廷に祟りをなしたとされ、日本三大怨霊のうちの一人とも言われています・・・(他は平将門・崇徳院)
といっても現在の菅原はコーナンやスシローなど便利なお店があり、大変住みやすい良いエリアですよ!

※イラストは菅原道真公ではありません

狛犬やお稲荷さん、使いの牛(神様の使者)などがおられました!

菅原天満宮

樹齢約500年(?)のご神木です。なでたら良いことありそうです

菅原天満宮

歴史を感じる建物もありました

菅原天満宮

解読不可能でした

菅原天満宮

心清くして神に詣でよ!!!

菅原天満宮

東淀川区にお引っ越し後は、このような歴史を感じるスポットを巡ってみてはいかがでしょうか!

ページトップへ
お問合せはこちら